撮影のウラ側~B.R.online/ギフトコレクション編~ / かげやまんブログ

2015.12.03

皆様、こんにちは。かげやまんです。

 

今年も1ヶ月を切ってしまい、師走に突入。本格的に冬めいてきております。

 

 

唐突ですが、今回のテーマはギフトコレクション。

 

ちょうど3週間後ですかね。聖なる日が訪れるわけですが、皆様ご存知クリスマス。

 

 

SNS上で若者がよく「カップル爆発しろ」だとか物騒な言われ方を良くするわけですが、

 

クリスマスに付きものなのはギフト交換ではないかと。

 

ASTILE houseロゴ

 

そこでAMANメンズ直営店であるASTILE house(アスティーレ ハウス)ではそれに見合う、

 

いえいえそれ以上のギフトを贈ることができるかもしれません。

 

フリが長くなりましたが、今回はB.R.onlineコンテンツの撮影裏側。

 

前回はBERWICH(ベルウィッチ)のパンツをこのブログでもご紹介いたしましたが、

 

今回は弊社取り扱いブランドの中でどんな物が喜ばれるかを厳密にセレクション。

 

→【AMAN Style / GIFT SELECTION 2015AW】

 

アスティーレ ハウスがオススメするギフトセレクション – もう贈り物には迷いたくない

 

ファイル 2015-12-03 15 47 14

 

必見です。

 

個人的にはギフトって選んでいる時が結構好きだったりします。

 

でもその時間を短縮できたら、とも思いますし、とはいえ喜んでくれると嬉しいな、というふうにも思う。

 

つまり、わがままなのです。で、今回はそれを一挙両取りできる。

 

掲載されているものは全てアスティーレ ハウスにてご購入できるわけで、

 

男性にとっては女性へのおねだり用にブックマークしておくと便利かと。

 

DSC_5780_01

 

そうして行ってみたら女性向けの物もあったりして。

 

ねだられたらその時はもう男気を見せるしかないですよね。

 

かげやまん

 

※掲載商品に関しては売り切れの場合もございます。ご了承いただけますようお願いいたします。

 

ASTILE house(アスティーレ ハウス)

〒107-0062
東京都港区南青山6-11-9 SKビル1F
tel: 03-3406-7007

イタリア人さん、いらっしゃ~い。Finamore CEO Simone Finamore / かげやまんブログ

2015.12.02

皆様、こんにちは。かげやまんです。

 

連日来日のイタリア人の方々。

 

今回はイタリア・ナポリで産声をあげて、今年で90周年を迎えたFinamore(フィナモレ)のCEOでありますMr.Simone Finamoreが来日。

 

IMG_5478

 

写真自体は2~3年前のものですが、今回の来日の際にも同じFinamoreのジャケットを着ていました。

 

ベーシックなダークグリーンのウール素材にノッチドラペルのベーシックな作りのシングルジャケットですが、

 

珍しい袖口一つボタン。調べてみるとこんな記事が。

 

1個という方は、フォーマル用のディレクターズか、モードなデザイナーズでしょうか。

 

袖ボタンは結局のところ、ついていればOKということで、ひとつだけ本水牛や貝ボタンなど高級素材をあしらっている場合もあります。

 

(出典:袖のボタンはいくつですか?)

 

なるほど、日本ではカジュアルシャツが主流のブランドなわけですが、本国ではジャケットも作っているわけですね。

 

実はパンツやショーツ、まさかのスイムショーツまで作っているというのだから驚き。

 

ちなみにナポリは南イタリアにあたります。

キャプチャ

 

ということで先日ディナーに行ったわけですが、行ってきましたイタリア料理屋さん。

 

結局どこへいってもおふくろの味というのか、慣れ親しんだ味というのを求めるみたいです。

 

確かにワタクシかげやまんも10日間ほどの海外出張に行った際に食べた日本食には安心感を覚えたので、とどのつまりみんな一緒だと。

 

DSC03156

 

DSC03158

 

先日のBERWICHとのディナーの時と示し合わせたように、

 

今回はMr.Simone Finamoreの誕生日!

 

ということでもはやお馴染み「♪ハッピーバースディトゥーユー」のイタリア語版「♪Tanti auguri a te タンティ アウグーリ アッテー」とみんなでお祝い。

 

 

 

DSC03160

 

用意した誕生日用のアクセサリーはさすがに勘弁してくれといったところ。

 

そして今回実は弊社AMANのメンバーだけでなく、お取引先様もいらっしゃっていただきまして、、

 

DSC03177

 

非常に飲みやすくフルーティなワインをいただきまして、みんなで美味しくいただいて、

 

DSC03169

 

For Simoneということで誕生日プレゼントまでいただきました。本当にありがとうございました!

 

DSC03179

 

皆さん楽しいディナーで気分も上々。

 

DSC03162

 

ということでテンション上がってちゃんとつけてくれたSimoneさんでした。

イタリア人さん、いらっしゃ~い。 altea、THE GIGI / かげやまんブログ

2015.12.01

皆様、こんにちは。かげやまんです。

 

先日BERWICH(ベルウィッチ)のデザイナーであるMr.Massimo Gianfrateが来てから数日経った現在。

 

忙しさにかまけてワタクシかげやまん一週間まるまる更新をしないという暴挙。すみませんでした。。

 

まあ気を取り直して。

 

BERWICHの他にも弊社取り扱いブランドのイタリア人が続々来日をしているのです。

 

まずはTHE GIGI(ザ・ジジ)のセールス担当であるMr.Gianluca Modena。

 

Processed with VSCOcam with s6 preset

 

にこやかな表情と同様、柔らかい喋り方はかつてのMJを彷彿とさせておりますが、

 

そんなことはさておいて、彼のジャケットはTHE GIGI(ザ・ジジ)のモデルZIGGY(ジギー)。

 

「カーディガンのようなジャケット」と彼は言いますが、

 

その理由は芯地や肩パッドも抜いており、また見返しも少なく非常に軽量感がある、いわゆるアンコンジャケットの仕様。

 

柄も織りによるチェックになっており、凹凸感の強い逸品。

 

インナーにはシャツとのコーディネートではなく、THE GIGIの提案するカットソーとのコーディネートということで完璧なTHE GIGIモノトーンスタイル。

 

スニーカーを合わせるというストリートミックスの雰囲気もいい感じです。

 

 

さて続きましてこちらはaltea(アルテア)セールス担当のMr.Stefano Corbella。

 

Processed with VSCOcam with f1 preset

 

スウェーデン人の彼はスラッとした、まさに貴公子タイプ。お酒を飲むと騒ぎますが、そこはご愛嬌。

 

彼もセールス担当ということで遠路はるばる来てくれているのですが、

 

疲れていても明るく、周囲を元気にするという意味では太陽のような存在です。

 

キャメルとグレーを合わせたmarrone e grigioスタイル。落ち着きと気品を兼ね備えた色味使いですよね。

 

シンプルなアイテムのコーディネートで、好印象というストライクゾーンを直球ど真ん中といったところ。

 

まだまだ他にも来日の予定はございますので、その都度皆様にブランドに関わる人たちをご紹介差し上げますよ~!

 

かげやまん